Topic

2023/01/26 15:31

■「ドン底からの復活!下町工場から世界に挑戦する親子の物語」

ものづくりに実直な父・博夫は2010年、2年の歳月と全ての貯蓄を投じて金属をナノコーティングできるオリジナル装置を開発しました。しかし、大手競合メーカーの開発力に破れ、ことごとく受注を取り逃します。途方に暮れる父の姿を見た息子・克久は、その技術の可能性を信じ、それまでのエンジニア職を辞め、家業への入社を決意しました。試行錯誤を繰り返し、研究者から認められ人工衛星パーツへのコーティングを受注に成功。

そして、機能性だけでなくその美しい色彩に魅了された息子の発想から、起死回生をかけて親子が挑んだのは、グラスウェアでした。絶対に成功しないと周りから猛反対されながらも、互いのアイデアと技術力への信頼は揺るぎませんでした。

満を持して新商品を持ち込んだ国際展示会。他にはないオーロラの輝きに惹かれ、ひとり、またひとりとグラスを手に取るバイヤーたちの姿がそこにはありました。チタンのコーティングは、注いだ酒の味をまろやかにすると話題に。父と息子の型破りな挑戦は今、大手企業のノベルティや有名ブランドとのコラボレーションを通して多くの愛酒家たちに支持されるブランドへと成長しつつあります。

息子は言います。「父さんは、自分にとっての永遠のスーパーマン」。
父は言います。「悔しいけど、あいつの発想はたいしたもんだ」。
父と息子の挑戦は、世界中を魅了するという夢に向かって、これからも続きます。


■宇宙開発技術と職人の手仕事から誕生した唯一無二のグラスウェア


2014年、人工衛星分野で得た宇宙開発技術と江戸時代から続く静岡職人の手仕事が、オーロラの神秘的な彩りを実現しました。人にもっともやさしいチタンとナノテクノロジーにより、雑味を分解し味をまろやかにすることに成功。われわれ人類が潜在的に心地よいと感じる1/fゆらぎをグラスに再現することにより、自分と向き合い、大切な人と対話する”心地よい時間”に最適な機能性と美しさを兼ね備えたジュエリーグラスが誕生しました。 すべては時間を大切に生きる人たちが、本気で自分らしく生きるために。 大人文化の再定義。今宵、食卓に心の深呼吸を。何かが始まる音がする。



▶︎宇宙開発との関わり/

わたしたちは、世界に一台しかないオリジナル装置を独自開発し、人工衛星に関連するお仕事をさせていただきました。詳細は、機密保持契約にて公開できませんがナノレベル(1nm=0.000001mm)にて、大気圏を抜ける際に必要なある効果が付加できることが必要とされたからです。このナノレベルをコントロールすることは、限られた技術でしか実現不可能であり、更に機能を付加することはとても高度な技術が必要となります。

 

*真空蒸着や溶射などとは、まったく異なる技術です。


▶︎オーロラカラーを再現した原理/

世界に1つしかないオリジナル装置にて、宇宙と同じ空気のない高真空の空間を作り、高電圧とプラズマによりチタン分子をガラス表面に時間をかけて積層していきます。分子を積層するため、非常に精密なナノレベルのコントロールが可能となるわけです。そのナノテクノロジーが、光の反射、屈折、分散、を操ることにより鮮やかなカラー変化を実現。表面で反射する光、界面で反射する光、内面で分散する光が干渉作用を起こし、強められた波長の光が色彩となって輝きます。そして、そのチタンを"グラスの内面(飲み物が注がれる側)にのみ”施すことにより、味がまろやかになる最大限の効果が発揮されています。外からの装いと内からの装い2つの色彩が楽しめることも大きな特徴です。

 

▶︎自分らしくいるために、こころの深呼吸を。

現代社会を自分らしく生きていくために必要なのは、活力よりも心の深呼吸だろう。今、わたしたちに必要なのは、エナジーよりもリラクゼーションな時間。ゆったりとアートの安らぎにふれながら、ありのままでいる時間を過ごす。すぐそばにある自分らしさを取り戻そう。

 

テクノロジーをアートへ。味も心もととのえるチタンアートグラス。

 

 

 

01/味をまろやかにしてくれる

02/DNAが共感する心の深呼吸

03/人に優しく衛生面でも安心

..... .....