【公式ストア】PROGRESS |宇宙開発技術と職人の手仕事により作られたジュエリーグラス

2021/07/31 15:19



削り氷にあまづら入れて、新しき金椀に入れたる。

そう枕草子に記述があるとおり、平安時代にはかき氷が存在していました。同時に“あてなるもの(上品なもの)”として記されていることから、当時とても貴重なものであったことが窺えます。

金椀(かなまり)とは、金属製のお椀をさします。

削った氷を新しい器に盛って、当時の甘味料であった甘葛をかけて。きっとそれは、貴重さも相まって、見た目から非常に美しいものであったことでしょう。

Jewelry•Glassは、視覚から味わう美味しさを大切にしたい思いから生まれた、美味しい味をさらに美しく味わうための器。

それはガラスとチタン、異なる素材の調和によって実現しています。

現代ではすっかり身近なものとなったかき氷を、新しい器で味わってみませんか。




 #PROGRESSでつながる